バティスト:開発者によるQ&A


#1

皆さん、こんにちは!

「オーバーウォッチ」の30番目のヒーロー、バティストに関するゲームプレイデザインやストーリーについて、Blizzardの開発者たちが数日間にわたってみなさんの質問にお答えします。

質問はただ今より受け付けます。このスレッドに返信する形で、質問をお寄せください。気になる質問があれば「いいね!」することをお忘れなく!開発者たちからの回答をどうぞお待ちください。

よろしくお願いいたします。


#2

はじめましてこんにちは。
バティストはオーバーウォッチという組織をどう思っているのでしょうか(また、過去にどのように思っていたのでしょう)?
また、アンジェラ博士(マーシー)との面識があったりはするのでしょうか?


#3

バティストの存在についてドゥームフィストは認知していましたか?また認知していたならばどのような評価をしていましたか?


#4

バティスト発表前の動画にソンブラのハッキングマークが出ていたのですが、ソンブラとバティストには何か関係はあるのでしょうか?


#5

こんにちは。
バティストのアルティメットはダメージを2倍にする効果がありますが、2倍というのは過剰なバフではないでしょうか?
例えばラインハルトのファイアストライクをバフすれば、体力200のヒーローは一撃でキルされてしまいます。
ルシオやゼニヤッタのアルティメットを無視してキルすることもできかねないものだと思います。
この大胆な数値にした狙いについて教えていただきたいです。

また、 イモータリティフィールドの効果も大胆なものであり、攻撃的なアルティメットを通常スキルで止めることのできる可能性を秘めています。
しかも、同様にアルティメットを止めることのできるマクリーのフラッシュバンやDVAのディフェンスマトリックスなどのように距離や発動タイミングがシビアというわけではないため、より容易に止めることができるのではないかと感じています。
アルティメットの優位性を損なわせるスキルのように感じますが、問題のない範囲ということなのでしょうか?


#6

皆さん、こんにちは。

「オーバーウォッチ」の30人目のヒーローであるバティストについて、皆さんからの疑問や質問にお答えする場を設けました。これまでのストーリーにはじまり、ゲームプレイの設計意図に至るまで、バティストに関するさまざまな質問と、それに対する開発チームの答えをどうぞお楽しみください。

ストーリーについて

Q:カリブ海連合は、タロンやオーバーウォッチ、ブラックウォッチ、ヘリックス・セキュリティなど、ゲームに登場する他の組織・団体と協力関係にありますか?

A:Michael Chu: 直接の関係はありませんが、同じ業界内で人が移るというのはそれほどめずらしいことではありません。オムニック・クライシスの収束後に、この手の組織がたくさん結成されました。カリブ海連合の軍役を終えたあと、バティストは部隊の仲間たちと仕事を探します。戦争が終わったあとでも兵士としての経験を活かすことができて、なおかつ条件が一番よかったところ――それがタロンという傭兵団だったのです。タロンという名前やその悪行は今でこそ知られていますが、当時のバティストは詳しいことを知りませんでした。特にバティストのような入隊志願者に見せていたタロンの表向きの顔は、公的な組織から依頼を受けて治安維持の任務を手がける、払いのいい傭兵部隊というものでした。カリブ海連合で長年過ごしたパティストたちからすれば、経験を活かして稼ぐことのできる、妥当な転職先だったのです。タロンの真の狙いなど知る由もありませんでした。

Q:バティストがタロンに入った理由と、抜けた理由は?

A:Michael Chu: タロンに入った当初、バティストはカリブ海連合の頃と同じく、部隊のコンバット・メディックとして治安維持の任務にあたっていました。現場部隊の衛生兵ですから、意思決定に関わるようなポジションとは無縁でした。そして時が経つにつれ、彼の所属する部隊は正当性を疑いたくなるような任務を割り当てられるようになります。暗殺や民間人への被害をかえりみない、大きな被害や破壊をもたらすような仕事です。ゆっくりと水温を上げていけばカエルは茹でられても気がつかないと言いますが、彼らのいた状況もそれに近いものがありました。自分たちが深入りしているのに気づいたのは、ずいぶん後になってからです。悪事の片棒を担いできたことを突きつけられたバティストは、仲間を説得して一緒に足を洗おうとします。しかし、タロンと袂を別とうと決心したのは、結局バティストだけでした。

TohokuIkiriからの質問
Q:バティストはオーバーウォッチという組織をどう思っていますか? マーシーと面識がありますか?

A:Michael Chu: タロンを抜けてから、彼はかつての雇い主に狙われないよう、目立つ行動を控えています。また、タロンに所属していたという過去は、オーバーウォッチが仲間に加えようと飛びついてくる経歴でもありません。ですが、持ち前のスキルを活かして、自分に出来る範囲で世の中をよくしようと活動している以上、バティストが歩む道はいずれオーバーウォッチと交わるかもしれません。
今は世界各地をまわり人道支援活動を行っているので、マーシーの最近の活躍についてもよく知っているはずです。

Q:バティストの好きな食べ物は?

A:Michael Chu: バティストは食べることが大好きです。好物はやはり、ポークグリオやラロといった郷土料理です。あまり知られてはいませんが、実はかなりの甘党です。コップにガンガン氷を入れて、まったり飲むのが好きなようです。

Q:「Baptiste」はどう読めばいいですか? ジェフの言い方が正しいのか、それともキャラクター自身の言い方が正式なものですか?

A:Michael Chu: バティスト本人は「p」を発音します。

もちうさぎからの質問
Q:ソンブラとは面識がありますか?

A:Alyssa Wong: ソンブラとは知り合いです。最初に知り合ったのは2人がタロンで働いていた頃で、そうこうするうちに親しい友人になりました。ソンブラはあの通り、あらゆることに目を光らせるのが趣味ですから、バティストがタロンを抜けた後もちょくちょく様子を探っています。昔なじみの友人をそうやってチェックするのは、ソンブラの楽しみなのです。

Q:クエルバの部隊に何があったんですか?

A:Alyssa Wong: クエルバ大尉と彼の率いるストライク・チームは、バティストを連れ戻す作戦の途中で消息を絶っています。作戦中に死亡したとみられますが、確認はとれていません。

Q:バティストはハイチ語のネイティブだと思いますが、フランス語も話せますか?

A:Alyssa Wong: バティストはハイチ語もフランス語も話せます。

Q:バティストはどこで装備を調達しているんですか? タロンっぽくない感じですが。

A:Alyssa Wong: バティストの装備はこれまでの活動で手に入れたものの寄せ集めです。ブラックマーケットで調達したものもあれば、カリブ海連合やタロンの装備を改造したものもあります。昔から器用で、カリブ海連合時代は、手近なものをあれこれ組み合わせて便利な装備を作り出していました。

Q:バティストに兄弟/姉妹はいますか?

A:Alyssa Wong: 一人っ子ですが、いとこが何人かいます。


ゲームプレイについて

Q:「イモータリティ・フィールド」はアルティメット並に強力な印象です。通常アビリティにした理由は?

A:Geoff Goodman: 「心頭滅却」や「サウンド・バリア」といったアルティメットと比べると、「イモータリティ・フィールド」には不利な点が多々あります。バティスト使いのプレイヤーがこうした不利な部分をカバーできれば、相手チームのアルティメットを止めることも不可能ではないでしょう。そうなればチームにとっては大きなアドバンテージです。バティストでのプレイがエキサイティングなのは、こうした部分にも理由があります!

Q:バティストが実装されるのはいつですか?ライバル・プレイにはいつごろ追加されそうですか?

A:Geoff Goodman: ライブサーバーには2週間ほどで実装される見込みです。ライバル・プレイで使えるようになるのは、これまで新ヒーローが追加された時と同様、リリースされてから1週間後となります。

Q:PTRで「エグゾブーツ」が「ハック」と「EMP」の影響を受けなかった件について、公式の見解をもらえますか? 「ハック」のほかのアビリティに対する「作用する法則」とは大きく異なるので、不具合ではないかと思うのですが。

A:Josh Noh: ご指摘のとおり、これは不具合です。実装までに修正するので今しばらくお待ちください。

Q:「イモータリティ・フィールド」は強力なスキルですが、ジェネレーターのライフが高すぎるのと、クールダウンが短すぎる気がします。このあたりの考えを教えてください。

A:Josh Noh: 「イモータリティ・フィールド」はライフが250しかありません。また、移動もしないので、何人かで集中砲火を浴びせればあっという間に壊せます。とはいえゲームバランスを崩すほど強力な場合は、ライフを下げるか、クールダウンを長くするなどして適宜調整していく予定です。

MOMOkanからの質問
Q:バティストのアルティメットは2つの効果があるバフだと理解していますが、このシステムは強力すぎませんか? たとえば、一部のアビリティはゼニヤッタやルシオのアルティメットがかかった状態で敵を一撃で倒せたりするのですか?

A:Josh Noh: 「アンプリフィケーション・マトリックス」は、使い方によってはチームメイトが敵を一撃で倒せる強力なアルティメットです。ただし、飛び道具にしか作用せず持続時間も短いです。また、展開した地点からも動かせないため、アルティメットが終わるまで射線の通らないところにいれば楽に回避できるといった欠点があります。こうしたことから、「アンプリフィケーション・マトリックス」は展開のタイミングがきわめて重要なアルティメットとなっています。場合によっては、攻撃よりも回復目的で使った方が有利な状況もあり得ます!


質問をお寄せくださった皆さん、ご参加とご協力ありがとうございました。バティストの参戦はもうすぐです。どうぞお楽しみに!